地域未来投資促進法 「兵庫県丹波篠山市基本計画」

更新日:2021年01月28日

地域未来投資促進法「兵庫県丹波篠山市基本計画」

丹波篠山市では、地域未来投資促進法(地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律)に基づき、「兵庫県丹波篠山市基本計画」を策定し、平成30年9月に国の同意を得ました。(令和2年12月18日一部変更)

 これにより、市内で地域特性を生かした付加価値と経済効果の高い分野として位置付ける「地域経済牽引事業」を行おうとする事業者は、自ら策定する「地位経済牽引事業計画」を兵庫県の承認を受けることで、各種支援制度を利用できるようになりました。

丹波篠山市基本計画のポイント

 城下町や温泉、丹波焼や丹波篠山黒大豆等の観光資源を活用し、食と農の連携による新しい産業の育成や、宿泊施設も含めた観光資源のネットワーク化により、観光客の滞在時間を伸ばし、さらなる付加価値を生み出していく。

 また、新しい観光ルートを開発するなど周遊性を高め、産業の成長を目指す。

 さらに、プラスチック製品、電子部品、食料品、金属製品の製造業の誘致を進めるとともに、丹波焼など伝統工芸産業の振興を図り、付加価値額の増加と地域雇用の拡大を目指す。

  • 計画期間 令和5年度末日まで

地域経済牽引事業計画の承認要件

要件1 :地域の特性を活用すること(1~2のいずれか)
  1. 丹波篠山市の城下町や温泉、丹波焼や丹波篠山黒大豆等の観光資源を活用した観光・文化・まちづくり分野
  2. 丹波篠山市の食料品製造業、プラスチック・電子部品・金属製品等の製造業の集積を活用した成長ものづくり分野
要件2 :高い付加価値を創出すること
  • 付加価値増加分:5,380万円超
要件3 :いずれかの経済的効果が見込まれること
  • 売上額: 1%以上増加
  • 雇用者数: 1%以上増加
  • 雇用者給与等支給額: 1%以上増加

主な支援内容

課税の特例
  • 先進的事業に必要な設備投資減税・固定資産税の免除
予算による支援措置
  • 地域中核企業・中小企業等連携支援事業・地方創生交付金の活用
資金供給の円滑化
  • 長期かつ固定金利での融資
その他の支援措置

上記のほか、県・市の条例、要綱などによる支援措置があります。

制度の活用

制度の活用には、地域経済牽引事業計画を作成し、兵庫県の承認を受ける必要があります。市の基本計画に関連する分野で事業計画がある事業者の方は、早めに創造都市課または兵庫県産業立地室にご相談ください。

同法の詳細や国の支援措置は、経済産業省のホームページ (外部リンク)をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

創造都市課 企業振興室
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41(本庁舎 3階)

電話番号:

079-552-5106

メールフォームによるお問い合わせ