草ノ上集落でため池の「かいぼり」を実施(丹波ささやま写真新聞)

更新日:2020年11月06日

10月30日(日曜日)、多紀地区草ノ上集落の大内池で、県主催のため池の「かいぼり」イベントが行われました。

「かいぼり」とは、ため池の水を抜いて護岸にひび割れがないかをチェックしたり、泥かきをしたりする作業のことを言います。

イベント当日は、約20名の地元自治会員のほか県と市の職員が参加し、ため池に関する説明や泥かきの実演会、焼き芋の振る舞い等が行われました。

 

ため池の適切な管理や地域コミュニティの活性につながる、かいぼりを地域ではじめてみませんか。

この記事に関するお問い合わせ先

農都環境課 創造農村室
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41

電話番号:079-552-1117
メールフォームによるお問い合わせ