生態系の保全に向けた事業者向け研修を実施(丹波ささやま写真新聞)

更新日:2020年12月25日

12月21日(月曜日)、西紀北地区にて市内の土木工事事業者向けに「水辺の生態系保全に配慮した工事実施に係る研修会」を行いました。

この研修会は、環境創造事業者など水辺の整備工事を請け負われる事業者の皆様を対象とし、市と事業者が生きものの生息環境の保全について共通認識を持ち、丹波篠山の自然を保全・再生していくために開催しております。

当日は、しゃくなげ会館にて環境配慮の事例等について学んでいただいたほか、市内で初めて設置した篠淵川にあるプール状の魚道を視察していただきました。

様々な流量の流れができるプール状の魚道は、流れに弱い小さな生きものでも移動することができる優れものです。

現地を見ていただいた事業者様からは、関心の声だけでなく、さらなる改善方法などの意見もいただきました。

市ではいただいた意見を踏まえ、今後も魚道の設置など、生きものの生息環境に配慮した河川整備(ふるさとの川づくり)を事業者の皆様とともに進めていきます。

 

※環境創造事業者について知りたい方は下記ページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

農都環境課 創造農村室
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41

電話番号:079-552-1117
メールフォームによるお問い合わせ