新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

更新日:2020年05月11日

新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

--------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルス感染症の感染が国内で拡大し、緊急事態宣言も延長されています。丹波篠山市内においては感染した方がおられませんが、今後も予断を許しません。

そうした中、全国的に感染した方や家族、感染症の対応をされている医療関係者やその家族、また、中国から帰国された方や外国籍の方に対して、誤った情報に基づく不当な差別や偏見、排除、いじめ、SNSでの誹謗中傷などが起きています。

また、他の自治体では、最近、県外ナンバー車の利用者への誹謗・中傷や煽り運転等が問題になっています。

社会基盤を支える物流やその他の仕事で移動される方、通院や家庭の事情で運転される方、新年度からの転勤など様々な事情で、やむを得ず県外ナンバーのまま在住されている方もおられます。県外ナンバー車の利用者への誹謗・中傷、嫌がらせ行為は許されるものではありません。

日本赤十字社では、「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」と題し、「3つの感染症」について啓発されています。

第1の感染症は「病気そのもの」、第2の感染症は「不安と恐れ」、第3の感染症は「嫌悪・偏見・差別」と指摘されています。詳しくは、下記の日本赤十字社のホームページをご覧ください(外部リンク)。わかりやすく解説されています。

新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~(日本赤十字社)外部リンク

いかなる場合であっても、不当な差別、偏見、いじめ等は許されるものではありません。不確かな情報に惑わされず、国、県及び本市ホームページや広報誌などで正しい情報をご確認いただき、冷静な行動を取りましょう。

法務省の人権擁護機関では、不当な差別やいじめ等の様々な人権問題についての相談を受け付けています。

つらい思いをされたり、不安を感じたらひとりで悩まず相談してください。また、身近な人から相談を受けたら、相談窓口があることを伝えてあげてください。

新型コロナウイルス感染症に関連して~不当な差別や偏見をなくしましょう(法務省)(外部リンク)

政府インターネットテレビでの啓発動画

「新型コロナウイルス対策6」篇『人権への配慮について』(外部リンク)

 

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

0570-003-110

(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

子どもの人権110番

0120-007-110
(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

外国語人権相談ダイヤル

0570-090911

(平日午前9時00分から午後5時00分まで)

この記事に関するお問い合わせ先

人権推進課
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41

電話番号:079-552-6926
メールフォームによるお問い合わせ