ともに輝くまちをめざして「インタビュー」(男女共同参画)

更新日:2021年02月22日

 自分らしくいきいき暮らす丹波篠山市在住・在勤の方々を紹介しながら、みなさんとまちの魅力を再発見したいと思います。一人ひとりが尊重され、男女が性別にとらわれずお互いを認め合い、輝くためにはどうすれば良いのでしょうか。お話をお聞きします。

小山三智子さん(第3回2021年2月)

塾の講師をしながら、篠山ストーリーテリングの会の代表や、子どもと本を読む会「かたつむり」でも活動されておられる小山さん。

3人のお子さんを育てられ、お忙しい中でも、常に前向きにチャレンジを続けられている小山さんにお話をお聞きしました。

小山三智子さん写真

小山三智子さん(第3回)インタビュー記事はこちら(PDFファイル:929.7KB)

松村京子さん(第2回2020年2月)

音楽に携わられるお仕事を20年以上されておられる松村さん。現在は、音楽と芸術で表現する音楽グループ「オトトテト」と「ささやまフルートコンソート」を主宰され、篠山音楽協会、童謡グループ「きぬがさ」、八上うたおう会の指導者兼指揮者など、様々な団体やグループに所属し活動に参加されています。

丹波篠山市女性委員会委員も2期務められ、第9期では可燃ごみの減量化やゴミ袋のデザインの多言語表示等、環境問題について市長に提言されました。

常に前向きにチャレンジを続けられている松村さんにお話をお聞きしました。

松村京子さん写真
松村京子さん(第2回)インタビュー記事はこちら(PDF:814.6KB)

本莊賀寿美さん(第1回 2018年11月)

 栄養士として30年以上栄養指導や食育に携わっておられる本莊さん。現在ではNPO法人ナマステ会、篠山城下まちづくり委員、スポーツ21ささやま、いのちのうたなど、10以上の団体やグループに所属し活動に参加されています。
 常にチャレンジを続ける秘訣はどこにあるのでしょうか。お話をお聞きしました。

本莊賀寿美さんが調理場でインタビューに答えている写真