【募集中】経営継承・発展支援事業の活用について

更新日:2021年06月01日

農業者の一層の高齢化と減少が急速に進行する中、地域の経営資源の受けてとして期待される担い手の高齢化が進行しています。このため、本事業は、担い手から経営を継承し、発展させるための取り組みを支援することにより、将来にわたって地域の農地利用等を担う経営体を確保することを目的とします。

地域の中心経営体等(実質化された人・農地プランにより位置づけされている者)の後継者が経営継承後の経営発展に関する計画を策定し、同計画に基づく取り組みを行う場合に必要な経費の一部を国と市が支援します。

補助対象者・要件

令和2年1月1日以降に、中心経営体等(実質化された人・農地プランにより位置づけされている者)である先代事業者(個人事業主又は法人の代表者)からその経営に関する主宰権の移譲を受けた後継者(親子、第三者など先代事業者との関係は問わない)であって、以下等の要件を満たしたもの。(ほかにも要件があります。必ず詳細は事業概要を確認をしてください)

・経営発展計画を策定している

・後継者の名義で税務申告等を行っている

・青色申告者である

・家族経営協定を締結している(後継者が家族農業経営の場合)

・主宰権の移譲に際して、先代事業者が有していた生産基盤や経営規模等が著しく縮小していない必要がある等

経営継承発展等支援事業概要(PDFファイル:985.1KB)

補助上限

上限100万円(国と市が2分の1ずつ負担)

補助対象経費

専門家謝金、専門家旅費、研修費、機械装置等費、展示会等出店費など

要望調査受付について

締め切り日:令和3年6月28日(月曜日)

要望方法:農都政策課(第2庁舎2階農都政策課)まで事前にご相談いただき、下記の書類をお持ちください。

・経営発展計画(案)様式第2号 経営発展計画(Excelファイル:41.8KB)

【記載における留意事項】経営発展計画(PDFファイル:134.9KB)

注意事項

・採択予定は9月ごろです。

(交付決定以前に発生した補助対象経費は補助対象外になります。)

・この事業は予算の範囲内で採択されます。事業要件を満たせば必ず採択されるものではありません。要望の総額が予算額を上回った場合は経営発展計画の内容等を審査し、ポイント上位から採択されます。

・別途対象者の確認のための資料(確定申告書など)を用意していただく必要があります。該当者には随時依頼をさせていただきます。

この記事に関するお問い合わせ先

農都政策課 担い手支援係
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41

電話番号:079-552-1114
メールフォームによるお問い合わせ