【公募結果】補助対象人権啓発各種研究大会

更新日:2020年03月24日

丹波篠山市では、人権尊重の理念に対する理解を深め、自己研鑽ができるよう多様な機会の提供を図り、もって人権尊重のあたたかいまちづくりの実現に寄与するため、各種研究大会の参加者に参加費用の一部を補助しています。

令和元年5月17日を期限として令和元年度の人権啓発となる各種研究大会を募集していました。
審査の結果、下記の事業を補助対象事業(各種研究大会)として承認しました。

令和元年度 補助対象事業(各種研究大会)
補助対象事業名 開催日 開催場所 募集人数
第66回兵庫県人権教育研究大会丹波地区大会 7月27日(土曜日) 篠山市内 5
部落解放第51回全国高校生集会/第63回全国青年集会 8月17日(土曜日)~18日(日曜日) 鹿児島県 2
第50回部落解放・人権夏期講座 8月21日(水曜日)~23日(金曜日) 和歌山県高野町 1
第66回兵庫県人権教育研究大会中央大会 9月29日(日曜日) 豊岡市 5
部落解放研究第40回兵庫県集会 11月16日(土曜日) 神戸市 10
部落解放研究第53回全国集会 10月15日(火曜日)~17日(木曜日) 名古屋市 3
第71回全国人権・同和教育研究大会 11月30日(土曜日)~12月1日(日曜日) 津市 2
第34回人権啓発研究集会 令和2年2月26(水曜日)~27(木曜日) 宜野湾市 1

今後、各事業の参加時期、申込期限に合わせて参加者の募集を行います。 

丹波篠山市各種研究大会参加補助金交付要綱及び令和元年度丹波篠山市各種研究大会公募要領に基づき、補助対象事業に該当する研究大会等を次のとおり募集します(終了しました)。

補助対象事業(各種研究大会)

次のいずれにも該当するもの

  • 地方公共団体又は公的機関が主催し、若しくは共催する大会又はそれに準ずる大会であると市長が認める大会
    「公的機関」とは、政府、独立行政法人及び特殊法人等の政府関係機関並びに地方公共団体の関係機関を指します。
    また、地方公共団体または公的機関が構成団体として参加している実行委員会も公的機関とみなします。
  • 「部落差別の解消の推進に関する法律(平成28年12月16日施行)」第1条に掲げる目的を研修する大会。
  • 過去5年度以内に補助実績のある大会。
  • 前項に合致しない場合は、おおむね5個以上の人権課題を研修することができる大会。
    「人権課題」とは、法務省が啓発活動強調事項として掲げている17項目を指します。
    法務省 平成31年度啓発活動強調事項(外部リンク)
  • 参加者が人権尊重の理念に対する理解を深め、自己研鑽ができる大会
    「参加者(補助金交付対象者)」とは、市内に居住する者、市内で働く者、学ぶ者、活動するもの及び市内で事業を営むもので、大会参加後において人権啓発活動等の推進に資する意志を有するものです。

募集期限

平成31年4月1日(月曜日)から5月17日(金曜日)17時まで

応募方法

 補助対象事業承認申請書(様式第1号)に申請する研究大会の開催要綱等詳細が分かるもの(ない場合は、前年度分も可)を添えて、申請してください。

審査

 丹波篠山市各種研究大会参加補助金交付要綱及び令和元年度丹波篠山市各種研究大会公募要領に基づき、補助対象事業に該当するかを審査し、結果を通知します。

参加者募集

 補助対象事業に承認した大会等について、参加者を募集し、参加費用の一部を補助します。参加者については、市ホームページなどで一定期間募集します。

問い合わせ先

丹波篠山市北新町41 丹波篠山市役所 第2庁舎1階
市民生活部 人権推進課
電話番号:079-552-6926
ファックス:079-554-2332
Eメール:jinken_div★city.sasayama.hyogo.jp
(アドレスをコピーして使用される場合は、★を半角の@に置き換えてください)