コロナウイルスに係る各種対応等の情報・市長メッセージについて

更新日:2020年09月23日

〇市の施策(支援策)などはこちら


9月23日の市長メッセージ

この4連休、市内ではいつもの敬老行事も開けず、少しさみしいものでした。
しかし、その一方で市内各地では、「いつもとちがうまちなみアートウォーク」が開催されるなど、お城やまちなかは、コロナ感染後、いちばん多くの観光客にお越しいただいて、大変にぎわっていました。

国では、9月19日から、5000人を上限としていたイベントの入場制限をなくし、室内でも観客が声を発しない時は、定員の2分の1という制限をなくすなど、一段と緩和されてきました。

「ウイズ コロナ」と言われるとおり、甘く見ず、そして怖がり過ぎず、十分な配慮をしつつ、社会生活や日常の生活を工夫しながらやっていきたいと思います。

丹波篠山市では稲刈りもすすみ、これから実りの秋本番をむかえます。
10月5日頃には、いよいよ黒大豆の枝豆の販売がはじまる見通しです。
しかし、恒例の味まつりは、いつものようには開催できず、イベントなどはありませんが、代わりに、オンラインでの販売や、配送料のサービスを行うこととしています。なお、お店や沿道での販売はありますので、「密」にならないよう感染対策の上、お越しいただきますようよろしくお願いいたします。

この冬は、インフルエンザとの同時流行を防ぎ、医療機関を守るためにも、65歳以上の方にインフルエンザの予防接種の費用を無料にすることを、市議会に提案しています。

9月4日市長メッセージ

丹波篠山市でのコロナ感染者は6月までは0(ゼロ)ですと言っていたのですが、9月になって、県からこの7月までの市町別感染者が発表され、丹波篠山市では5人となりました。7月に急に増えたことになり、びっくりしましたが、これも止むを得ません。
それなら、発生した時点で市町別も発表していただいた方がはっきりすると思うのです。
感染の状況は最近少し落ち着いているとは言え、引き続き感染予防に注意を払いつつ、社会生活を取り戻す必要があります。
風邪とインフルエンザ、コロナが一緒にやってくると大変だと心配です。
できるだけの対策をとっていきます。

9月1日の市長メッセージ

コロナの第二波が到来していると思われますが、少しずつ落ち着いてきているようです。阪神間に近いため、これからもさらに注意していかなければと思います。
昨日は井戸知事のお話をうかがいましたが、兵庫県は感染者の「自宅療養者ゼロ」(陽性者を全員病院で受け入れるということ)を堅持することで感染リスクを抑制していることを強調されました。
県下では8月30日現在重症の入院患者15名、その他の入院患者161名で医療体制はひっ迫していない、PCR検査は現在一日約1500件、10月にはあと1000件増やせるようにしたいとのことでした。
今後心配される新型コロナとインフルエンザの同時流行に備えて発熱患者を診察できるような外来、医療体制の確保を進めるとのことでした。
コロナの影響で「都市から地方」への大きな流れが出てきそうです。丹波でも移住したいという相談が急増しています。企業も同じです。

過去の市長メッセージ一覧

8月7日分はこちら

7月31日分はこちら

7月28日分はこちら

7月20日分はこちら

5月26日分はこちら

5月25日分はこちら

5月22日分はこちら

5月21日分はこちら

5月20日分はこちら

5月19日分はこちら

5月18日分はこちら

5月15日分はこちら

この記事に関するお問い合わせ

〒669-2397
兵庫県丹波篠山市北新町41番地
丹波篠山市役所 企画総務部 総務課
電話番号:079-552-1111(代表)