コロナウイルスに係る各種対応等の情報・市長メッセージについて

更新日:2021年03月15日

〇市の施策(支援策)などはこちら

〇公共施設使用料の減免期間を延長しました

減免期間の延長について、詳しくはこちら

〇新型コロナウイルス感染症の予防と相談・受診についてはこちら

〇職員の新型コロナウイルスの感染について

職員が新型コロナウイルスに感染したことが判明しましたので、お知らせします。

市民ならびに関係者の皆さまにご心配をおかけし、申し訳ありません。

詳しい状況や対応につきましては、下記のリンクページをご覧ください

市職員の新型コロナウイルス感染者発生について(幼保関係)(PDFファイル:359.1KB)

市職員の新型コロナウイルス感染者発生について(幼保関係) (第2報)(PDFファイル:236.7KB)

市職員の新型コロナウイルス感染者発生について(幼保関係) (第3報)(PDFファイル:74.4KB)

※当該職員および家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

 


兵庫県全域において緊急事態宣言が解除されました。 しかしながら、市民の皆様には、感染拡大防止に向け、さらなるご理解、ご協力をお願いいたします

緊急事態宣言の解除に伴い3月1日から3月7日まで、集会場、運動施設などの屋内については、午後9時までの使用とします。
なお、屋外のグラウンドテニスコートなどについては、通常通りです。

■屋内施設で午後9時までの使用制限を行うものは次のとおりです

  • 丹波篠山総合スポーツセンター(屋内)
  • B&G海洋センター体育館
  • 畑スポーツ施設(屋内)
  • 西紀体育館
  • 川代体育館
  • 今田体育館
  • 田園交響ホール
  • 丹波篠山市民センター
  • 丹南健康福祉センター
  • 四季の森生涯学習センター
  • 城東公民館
  • 今田まちづくりセンター
  • 西紀老人福祉センター
  • しゃくなげ会館
  • ハートピアセンター
  • ふれあい館および丹南児童館
  • 各コミュニティセンター
  • 学校施設(屋内)
  • こんだ薬師温泉ぬくもりの郷

引き続き、市民の皆様には命と健康を守れるよう取組みを進めましょう。
さらに、丹波篠山市民の心ひとつに、頑張っていきましょう。

令和3年2月27日

丹波篠山市長 酒井 隆明

 


4月9日の市長メッセージ

兵庫県は、「まん延防止等重点措置」実施区域に指定されています。4月5日から5月5日までを期間として、神戸地域、阪神南地域の飲食店の時間短縮や施設の使用制限の協力要請が出ているところです。
丹波地域は、現在、実施区域ではありませんが、4月に入って、毎日のように患者が発生しています。若い世代が感染し、家庭内へ感染が広がっているケースや、発熱症状が治まったのですぐに出勤し、職場内で感染者が広がったケースがありました。
第4波、変異株の懸念もありますが、感染対策は同じです。帰宅後の手洗いの徹底、家でもできるだけマスクを着用、咳や熱などの風邪症状があるときは無理をせず、早めの受診を心がけてください。

風邪症状のある時はかかりつけ医に相談しましょう
丹波地域発熱等受診・相談センター

  • 平日 昼間:丹波健康福祉事務所 0795-73-3765(9時~17時30分)
  • 夜間/休日:兵庫医科大学ささやま医療センター 079-552-7359
  • 兵庫県新型コロナウイルス健康相談コールセンター 078-362-9980 24時間対応


ワクチン接種について
丹波篠山市では、市が指定する市内21医療機関での個別接種となります。優先順位1番の65歳以上の高齢者の方には、4月下旬にクーポン券(接種券)や予診票などをお届けする予定ですので、安心してお待ちください。
丹波篠山市ワクチン専用コールセンター

  • 平日8時30分から17時15分 電話 079-590-2205

 


3月15日の市長メッセージ

現在の状況を説明します。
まず、接種対象者は、市内に居住する16歳以上の市民です。ワクチンの種類は、現在、ファイザー社のワクチンのみとなり、確保できるワクチンの量に限りがあることから、優先順位が定められています。まず、医療従事者、次に高齢者、次に基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者、最後にそれ以外の方となっています。
接種対象者は接種を受けるよう努め(努力義務)、市は接種を勧奨することとなっています(接種勧奨)。ただし、妊婦には適用されていません。接種費用は無料で自己負担はありません。
ワクチンが最初に届くのは、4月26日の週に一箱(975人分)とされていますが、それ以降のワクチンの配送や対象者の開始時期等についての国からの具体的な指示はありません。このことから現在は、高齢者の準備に取り掛かっているところです。

接種方法は、市内医療機関での個別接種を中心に行うこととして、現在、市医師会と協議をしています。日頃から身体の状況を把握していただいている医療機関での接種は、市民の安心、安全につながり、また、迅速に接種できる最善の方法と考えます。市医師会の多大なるご理解とご協力のおかげで、より安心安全な個別接種を実施することが出来ると考えています。
集団接種は、現時点では計画していませんが、必要に応じて実施することとして、今後検討していきます。

相談について、専用ダイヤルを開設する予定ですが、現在は丹南健康福祉センター内の市役所健康課で電話対応し、市民の質問や不安に応えていきます。

 

〇丹南健康福祉センター内丹波篠山市役所健康課 電話番号:079-594-1117

〇新型コロナワクチンの接種について、詳しいことは以下のリンク先からご確認をお願いします。

https://www.city.tambasasayama.lg.jp/soshikikarasagasu/kenkoka/15874.html

 


2月12日の市長メッセージ

緊急事態宣言後、全国的に、また、兵庫県でも感染者の発生が少なくなってきましたが、丹波管内は、高齢者の方の感染が続いていて、感染した方から、家族内への感染が以前より増えてきています。
家族内では、マスクに対して無防備であったり、体調が悪くなっても、すぐに隔離ということが難しかったりするので、家にウイルスを持ち帰ると、家族に容易に感染してしまう可能性があります。家族内での感染を防ぐために、帰宅後の手洗いの徹底、家でもできるだけマスクを着用、咳や熱などの風邪症状があるときの早めの受診などを心がけてください。
また、高齢者の方が外出を控えられることによるフレイル(心身の虚弱)が問題になっています。今は「集う」ことが難しい状況ですが、対策をしっかりとった上で活動を続けることは、元気を維持するためには大切なことです。開催される場合には、参加者の方に手洗いやマスクの正しい着用、体温や体調の確認を徹底と、3密の回避、定期的な換気などの感染対策を十分に取っていただくよう、よろしくお願いします。詳しくは下記の「広報丹波篠山2月号」を参照ください。

添付資料広報丹波篠山2月号(ささやまホッとステーション)(PDFファイル:786.2KB)

◇緊急事態宣言発令中!
◇風邪症状のある時はかかりつけ医に相談しましょう◇
【丹波地域発熱等受診・相談センター】

  • 平日 昼間:丹波健康福祉事務所0795-73-3765(9時~17時30分)
  • 夜間/休日:兵庫医科大学ささやま医療センター079-552-7359

【兵庫県新型コロナウイルス健康相談コールセンター】078-362-9980 24時間対応
 


過去の市長メッセージ一覧

2月1日分はこちら

1月26日分はこちら

1月23日分はこちら

1月7日分はこちら

12月28日分はこちら

12月25日分はこちら

12月2日分はこちら

11月19日分はこちら

11月11日分はこちら

10月21日分はこちら

9月23日分はこちら

9月4日分はこちら

9月1日分はこちら

8月7日分はこちら

7月31日分はこちら

7月28日分はこちら

7月20日分はこちら

5月26日分はこちら

5月25日分はこちら

5月22日分はこちら

5月21日分はこちら

5月20日分はこちら

5月19日分はこちら

5月18日分はこちら

5月15日分はこちら

この記事に関するお問い合わせ

〒669-2397
兵庫県丹波篠山市北新町41番地
丹波篠山市役所 企画総務部 総務課
電話番号:079-552-1111(代表)