市長からのメッセージ

更新日:2021年10月21日

10月21日の市長メッセージ

公共施設の利用制限を解除します

9月30日に緊急事態宣言が解除されて以降、兵庫県では独自の段階的な措置により、感染再拡大防止に取り組んできました。

この度、兵庫県では、新規感染者数が減少するなど、感染状況が改善してきたことから、飲食店等に対して行っていた時短営業の要請を、10月21日を期限に解除されます。ただし、人数制限(同一テーブルに4人以内)は継続となります。

 

丹波篠山市においても、丹波地域の新規感染者「ゼロ」の日が続いていることなどから、県の方針に基づいて、公民館やスポーツ施設等の公共施設については、利用時間や利用人数などを通常に戻し、制限の解除を行います。

通常運営に戻るのは、昨年の春に全国に緊急事態宣言が発令されて以来、なんと1年6か月ぶりのことです。

改めて、市民の皆様のこれまでのご協力に感謝申し上げます。

 

また、ワクチン接種は、10月15日現在、1回目の接種を終えた方は83.5%、2回目の接種を終えた方は77.5%と順調に進んでおり、引き続き円滑なワクチン接種体制を継続していきます。

 

これから徐々に、飲食やショッピング、旅行などの日常生活が戻ってくると思いますが、第6波の到来に十分注意する必要があることから、油断せず、引き続き、マスク着用などの基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

10月1日の市長メッセージ

今度こそ収束を!

市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みにご協力いただき、ありがとうございます。

 

兵庫県に発令されていた緊急事態宣言が9月30日に解除となりました。

丹波篠山市においても、ワクチン接種が医師会のご協力のもと順調に進んでおり、丹波地域の新規感染者も減少傾向にあります。

 

しかしながら、緊急事態宣言は解除されましたが、兵庫県では、段階的な緩和措置により、引き続き感染抑制を行うこととなりますので、本市においても、県の方針に基づいて、公共施設の利用などに関しては、利用時間は午後9時までに緩和しますが、密を避けるための利用人数の制限は継続し、今後状況を見ながら段階的に緩和していきます。

もうしばらくご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

 

市民の皆さまには、この第5波を最後に、新型コロナウイルスを封じ込められるよう、引き続き、気を緩めることなく、リスクの高い行動を回避いただくとともに、マスク着用や手洗い、手指消毒、換気などの基本的な感染防止の徹底をお願いします。

9月27日の市長メッセージ

社会全体の感染の拡大が少し止まりつつあり、今月で緊急事態宣言が解除される見通しだと言われています。

ただし、どこでどのように感染が広がるかわかりません。引き続き注意深くご配慮をお願いします。

 

9月18日(土曜日)に市立認定こども園1園にて、園関係者の新型コロナウイルス感染が確認され、100人を超える濃厚接触者が出ましたが、PCR検査の結果、全員が陰性でした。
 

ただ、健康観察期間として、予定どおり10月1日(金曜日)まで臨時休業(学年閉鎖)を継続します。

市民のみなさまには、大変ご心配をおかけいたしました。

 

 

 

過去の市長メッセージはこちら

この記事に関するお問い合わせ先

秘書課
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41(本庁舎 3階)

電話番号:079-552-5109
メールフォームによるお問い合わせ