11月11日市長メッセージ 高校駅伝県大会、今年も丹波篠山路を駆ける(市長日記R2.11.11)

更新日:2020年11月11日

11月11日の市長メッセージ

丹波健康福祉事務所管内において、11月11日現在の感染者数は14名(うち丹波篠山市7名)、クラスター発生は現在のところなく、比較的落ち着いた状態ですが、全国、兵庫県では感染が増加しています。次の行動は感染リスクが高まりますので特に注意し、市民あげて感染予防に取り組みましょう。

1 飲酒を伴う懇親会等

2 大人数や長時間に及ぶ飲食

3 マスクなしでの会話

 

発熱などの症状があれば、かかりつけ医へ電話で事前に相談を!

丹波篠山市では、市内の医療機関で新型コロナウイルスの検査(PCR検査・抗

原検査)ができる医療体制が整っています。

発熱、咳などの症状が出たら、まずはかかりつけ医へ電話して、受診できるかどうかを尋ねてください。かかりつけ医で検査・診察できない場合は、検査、診察できる医療機関を紹介されます。かかりつけ医のない場合は、下記の丹波健康福祉事務所やコールセンターに連絡してください。

また、丹波篠山市では新型コロナ総合相談窓口も開設していますので、ご利用ください。

 

問い合わせ先

□丹波健康福祉事務所 0795-73-3765(平日9:00~17:30)

□新型コロナ健康相談コールセンター078-362-9980(平日・休日 24時間対応)

□丹波篠山市コロナ総合相談窓口 079-552-6053(平日8:30~17:15)

 

 

高齢者インフルエンザ予防接種の無料化について

この冬は新型コロナウイルス感染症とインフルエンザとの流行が重なる恐れもあり、例年以上に感染予防が必要です。特に新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい高齢者等のインフルエンザ予防接種が強く推奨されています。

丹波篠山市では、高齢者インフルエンザ予防接種の接種率80%(例年約60%)を目標に接種費用を無料化しました。10月から始まっていますので体調のよいときに早めに接種を受けるようにしましょう。

なお、市内で接種できる接種医療機関などの詳細は、広報「丹波篠山」10月号をご覧ください。

 

高齢者インフルエンザ【無料】実施期間 :令和3年1月29日まで

接種対象者(接種日の年齢)

◆65歳以上の方(接種回数1回)

◆60歳以上で重度の心臓、腎臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる障害

を有する方で医師が必要と認めた方

11月11日の市長日記

令和2年11月11日

11月8日、兵庫県高校駅伝競走大会が大正ロマン館前をスタート、篠山鳳鳴高をフィニッシュするコースで行われました。

今年はコロナでたくさんの大会が中止され、他県では駅伝も陸上競技場で行われるなか、関係者のご努力でこの丹波篠山の地で従来のコースで駅伝が無事に開催されたことを大変うれしく思います。

高校生たちは、声援でなくプラカードや拍手を受け、秋の丹波路を駆け抜けました。

テレビ放映のなかでも、高校生から、丹波篠山市で通常どおり開催でき、走れたことを感謝していただいていました。

須磨学園がアベック優勝、地元からは、篠山鳳鳴高校がアベック出場し、男子は34位、女子は28位と頑張りました。

1区スタート地点から一斉に走り出す男子選手たち
たすきを受け取る鳳鳴高校の男子選手
トラックを走る鳳鳴高校の最終区の男子選手
たすきをうけとる鳳鳴高校の女子選手
ゴール目前の鳳鳴高校最終区の女子選手