篠山市上下水道事業経営戦略について

更新日:2020年03月24日

上水道事業

篠山市水道事業経営戦略を公表しています。

本市においては、「安定」「安心」「安全」な水道水の供給を目標とし、浄水場や配水施設などの整備を進めてきました。

しかしながら、人口減少社会の到来や節水型機器の性能向上など、水道事業を取り巻く環境は大きく変化し、給水収益は減少傾向にあります。

このような状況の中、水道施設等の計画的な更新を進め、市民生活に不可欠な水道サービスを安定的に供給し続けることを目的として、中長期的な経営の基本計画である経営戦略を策定しました。

下水道事業

篠山市下水道事業経営戦略を公表しています。

下水道は、汚水の処理と雨水の排除による浸水被害の軽減を図り、公共用水域の水質保全及び生活環境の改善という機能を果たすものです。

下水道事業が、今後建設から維持管理の時期へ移行するにあたって、下水道施設の運営費や改築・更新等、下水道事業に必要な維持管理費の増加が予想される中、本市においても下水道管理者として「持続可能な下水道」の実現に向け、中長期的な経営の基本計画である経営戦略を策定しました。

この記事に関するお問い合わせ先

上下水道部
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41(本庁舎 2階)