野良猫の不妊・去勢手術費用の一部を助成します

更新日:2021年04月27日

地域猫活動推進事業

市では、野良猫及び地域猫の繁殖を抑制し、もって野良猫による環境問題を解決するとともに、地域猫活動を推進することで、良好な生活環境を保持することを目的として、野良猫の不妊・去勢手術費用の一部を助成します。

また、地域猫として、地域で責任をもって猫のエサ場やトイレを管理する「地域猫活動」に取り組む場合にも、手術費用の一部を助成します。

助成金の申請には市が主催する講習会への参加が必要です。講習会へ参加を希望される方は、講習会参加申込書を提出ください。

効果

【野良猫を手術することによる効果】
・性格がおとなしくなり、オス猫マーキング臭、発情期の鳴き声が軽減されます。
・野良猫の数の増加が軽減されます。

【地域猫活動として取り組む場合の効果】
・上記の効果に加え、周辺住民の方に理解を得て、給餌のルールなどを決め、トイレを設置・管理することで、餌の散乱や糞尿の被害が減り、地域の環境美化に貢献できます。

(野良猫)助成金申請の流れ

・野良猫とは特定の飼い主がなく、地域に住み着いている猫をいいます。

・野良猫の助成金は講習会を受講した個人で申請できます。

・野良猫の助成金額(限度額)は1匹あたり不妊手術が8,000円、去勢手術が4,000円です。

1.市民衛生課に講習会受講申込書を提出し、丹波篠山市が主催する講習会を受講 してください。

講習日程
日時:令和3年6月3日(木曜日)13:30から
場所:丹波篠山市民センター

内容:

  • 野良猫の環境問題について
  • 市助成金の制度などについて
  • 猫の飼い方について

提出:市民衛生課窓口又はファックスで提出ください(電話での申込みも可)。
※申請書等は市民衛生課窓口でも配布しています。

(詳しい手続き等については、市民衛生課までお電話ください)

電話番号:079-552-6253
ファックス:079-552-0619

2.市民衛生課の窓口へ助成金交付申請書を提出してください。

※申請書の審査後、助成金交付決定通知書が郵送により交付されます。
(申請から交付決定まで1週間程度)

※必要な場合は、捕獲器の貸出を行います。
野良猫等捕獲器貸出申請書を提出ください。
・貸出対象者:助成金交付要綱第7条に規定する交付決定通知を受けた者であること。
・貸出期間:7日以内(延長7日以内)
・貸出費用:無料

 

3.猫を捕獲し、決定通知を受けた日から30日以内に動物病院等で不妊・去勢手術を行ってください。この際、手術済みの猫を識別する方法として耳のV字カットを行います。手術にかかる費用はいったん申請者の全額負担となります。

4.手術後、領収書と術後の写真を添付した実施報告書と、補助金交付請求書を「口座振込先情報」が確認できる通帳のコピーとあわせて提出してくださ い。実施報告書は獣医師の確認が必要となります。

・指定口座は、本人名義の口座に限ります。

・交付決定通知後に猫の数などに変更が生じたときは変更交付申請書を提出してください。

(地域猫)助成金申請の流れ

・地域猫とは特定の飼い主がなく、地域に住み着き、その地域住民により適正に管理されている猫をいいます。

・地域猫の補助額は1匹あたり不妊手術が10,000円、去勢手術が5,000円です。

・責任を持って活動に取り組むことや、周辺住民へ事前に説明が行われているか等を確認します。

1.市民衛生課に講習会受講申込書を提出し、丹波篠山市が主催する講習会を受講 してください。

(注意)地域猫のグループの登録には、2名以上の講習受講者が必要となります。

講習日程
日時:令和3年6月3日(木曜日)13:30から
場所:丹波篠山市民センター

内容:

  • 野良猫の環境問題について
  • 市助成金の制度などについて
  • 猫の飼い方について

提出:市民衛生課窓口又はファックスで提出ください(電話での申込みも可)。
※申請書等は市民衛生課窓口でも配布しています。

電話番号:079-552-6253
ファックス:079-552-0619

2.市民衛生課の窓口へ地域猫活動団体(グループ)登録申請書 を提出してください。

*申請書の審査後、地域猫活動団体(グループ)登録決定通知書が郵送で交付されます。

☆この手続きが完了した地域猫活動団体(グループ)が管理する猫は、地域猫として助成金を受けることができます。

その後の申請の流れは、上記の「(野良猫)助成金申請の流れの2」へと進んでください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民衛生課
〒669-2397 兵庫県丹波篠山市北新町41(本庁舎 2階)

電話番号:079-552-6253
メールフォームによるお問い合わせ